2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


どんより雲の休日に、計らずもガタリンピック会場についてしまった。


初めてみたよー。水平線まで潟な状態。

「掃除がまだだから潟に入っちゃダメ」の張り紙に、どろんこになりたい欲を抑え、一人写真を撮ってたら、バリッと黒スーツの、社会で頑張っている方々が近寄ってきた。

黒「観光ですか?」
私「ええと、はい。近くからですけどね」
黒「ムツゴロウはこの時期もいるんですかね?」
私「ムツゴロウですか!夏の印象がありますけど、…すみません私、知りません」
黒「去年の秋口あたりにきたんですけど、一面にムツゴロウがいましてね」
私「へえーっ!!!本当ですか?!」

30代半ばくらいの男性。
福岡からムツゴロウをみに、上司たちを連れて来たらしい。
黒スーツ軍団は、ただそこにいるだけだと、ものすごくウォール街な感じ。
仕事の移動途中に寄ったんだろうな。

いい国だなー。いい潟か。
1〜2mmくらいの小さな生き物がいっぱいおった。
この干潟は火山灰由来の泥らしい。決めの細かい良い泥です。


スポンサーサイト


comment









trackback