2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


「アートシーン」とか、なんか偉そうなリサーチをしたかのようなタイトル、5割ガセです。
でも、雰囲気とか熱、しっかり感じる事ができました。
岡山すごいぜ。
朝、暗いうちに長崎を出て、14時頃到着。日本はビヨーンと長いね。



ここがアーティスツハウス。来年の今頃おせわになります。
岡山市街と宇部の中間くらい、迫川という駅の前。



閑静な、昔ながらの田舎集落らしい立地に、溢れだす高級車。異様さに興奮。



入口がもう既にキラキラで興奮。民間とは思えないぜ。



病院を改装したこの拠点、病院の名残があちこちにあって、また興奮。



この台とか、



これとか、



これとか、



これとか。



たくさんの人が来てて、もう、廊下歩くにも一苦労なほど。

オープニングパーティーの独特の内輪感って、私そんなに得意じゃないんだけど、小気味の良い活気が充満してる。ココは本当に面白い人達で形成されてる場所だ。

呼んでくれた那須さんが激痩せしてたり、青森の作家ShuDo氏と何時間も妄想天国遊びをしたり、倉敷芸大関係の皆さんの人間性も気持ちが良くて、主催の藤井さんが気さくで歌がメチャうまだったり、みんなでココスで深酒したり、那須さんのマキさんがカッコよかったり。お土産のからし蓮根をカッターで鮮やかにさばく柔軟さ、さすが美術界。スッとカッターが出てくる人達。

とにかくアウェーな土地に飛び込んだけど、相当楽しかったのは、皆さんのおかげなのだ。

来年が楽しみ。
がんばりますぞ。


スポンサーサイト


comment

ジュンコ先生の付き人一日体験、
すごく楽しかったです。
ありがとう!

普通に過ごしていたら、
出会うことのなかった発想や感覚を、
見ることができとても面白かったです。
来年がんばってね!

  • ゆみ
  • 2009/03/31 6:57 PM









trackback