2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 「joy! わたしの楽しみ」 第6公演

公演テーマ「タペストリー」




人と繋がっていく、そういうところにも楽しさがある。
自分ひとりで生きていない、みんながいて自分がいる。
繋がる喜びがあるからこそ、人生は深みを増す。
一瞬一瞬を、一人一人を、大事に大切に思う。


<第6公演あらすじ>
来場者はあらかじめ受付で糸をもらう。
sosoがピアニカで入場。私とマイさんは日だまりで寝転がる。そのうちsosoも合流。しばらくの沈黙のあと、sosoがポツリポツリと思いを言葉にする。
立ち上がり、sosoはオルガンを弾きはじめる。マイさんは赤い糸を白い枝に張りはじめ、私は雫のような玉を静かに床に置く。
楽しげな曲になるにつれ、マイさんは踊りながらどんどん糸を張り巡らす。
私は玉をぶら下げるため、天井の梁に毛糸玉を一生懸命引っ掛けようとがんばる。そしてその両端に玉を結び、井戸のつるべのようになったものを点在させる。
マイさんは小さな花瓶を赤い糸にぶら下げ、花を生けはじめる。玉にも生ける。
私は来場者の持っている糸の一端を借り、赤い糸や玉に結んでいく。もう一端は来場者の指に繋がる。全員繋げる。ピアノもパフォーマーも繋げる。糸が行動の限界になり、切ってはまた繋げていく。
玉を引っぱり上げたり下げたり、みんなの糸のテンションが各々の指に伝わる。



<私の思い>
人と関わるということは心の隙間が埋まり安心するものだが、その反面関わった責任のようなものもあると思う。誰かが浮き、誰かが沈む。でもそれは恒久的ではなく、常に変化する。そこに分かち合いや思いやりがあると、うまくバランスがとれていくものだ。
辛い思いをすればするだけ、他者への思いやりが生まれる。その思いやりに触れ、傷ついた人が得た安心感は、人から人へ伝播する。そんな波がどんどん広がればいい。
人と繋がるということは、分かち合うということだ。










スポンサーサイト


comment

全部、読ませて頂きました。

ありがとうございます。

<私の思い>は、大変感激いたしました。

全6公演から、芸術家の魂に触れたような気がして、嬉しく思います。

感謝します。ありがとう。。。

  • 宇宙社長
  • 2009/04/14 4:57 AM

お疲れチャン!!\(^o^)/

先ずは、大成功をお祝い致します。

一日目終了後の雰囲気(ジュンコ、舞ちゃん達の笑顔が物語っていたね!(^_-))が最高でした!
ジュンコの楽しみは、想いになって皆さんの心へと飛び込んで行ってます!



ありがとう!m(_ _)m

宇宙社長さん
よくぞ読破してくださいました。ご苦労様でした。長かったでしょう。
私自身も今回、たくさん学ぶこと、感じることがあって、感謝でいっぱいです。どうもありがとうございます。


kennyさん
今までにない公演の形に、こういうのやるから来てってうまく言えなくって、それでもあんなにたくさん来てくださったなんて、涙でちゃいます。みんなに還元できたかな?
見にきててくれてありがとうございました。グッドタイミング!

  • ジュンコ
  • 2009/04/14 11:45 AM









trackback