2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


「肉語入門」2002〜

肉語の話し方
 1、布の筒をかぶり、服は脱ぎます
 2、触れ合いのみで、道行く人とコミュニケーションをとっていきましょう
 3、声を発してはいけません

肉語入門…固定のパフォーマー
  中級…呼びかけに賛同したパフォーマー
  上級…道行く人、遭遇した人がパフォーマー

 
                   Yamagata Station










                                                                                 part



                                                 Mito Station (We were busted.)


この作品のメディアは体(裸)です。
言葉以上のダイレクトで強い伝達媒体を探るべく、悪あがきをする実験パフォーマンス。
実体と情報のゆらぎのなかで、違和感がつのる日常に移行してきた事への投げかけでした。

人の体温、やわらかさ、好奇心、恐怖など、敏感に感じる事ができる。
これをかぶる事で弱者になるのですが、先ず自らさらけ出してのコミュニケート。
発案当時の私は「孤独」という単語をよく使っていました。


この異物が投げ込まれる事で、周囲にコミュニティができる事があります。
例えば、イギリスでフーリガンの卵達に襲われそうになった時、通行人達が守ってくれた事がありました。エスカレーターに乗れずたたずむ私の手を引いてくれたり。

私自身、このパフォーマンスで人が好きになってきました。
これをやる度、胃炎になります。が、すてたものじゃないぜ。


スポンサーサイト


comment

私、最初ジュンコさんのアートブック見た時ピンとこなかったけど
おもしろそうとかぐらい
この前、どっかで動画見て(ミクシーかしら?)
すげーーーと言わずにはいられなかったです。

  • さつき
  • 2008/12/10 3:50 PM

おおう、ありがとうございます。
you tubeにアップしてくれたシンちゃんに感謝だ。

  • ジュンコ
  • 2008/12/11 1:12 PM









trackback