2018/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています



 好みの男性のタイプがわかった!ような気がする。

という事を、以前チラリと書きました。

・許し
・理解

のツートップが鍵です。

で、これを近しい友人に打ち明けてみる。


するとみんな、
「彼なんてどうかなあ」
「いや、あいつは許さないよ」
「じゃあ彼は?」
「あいつも案外許さない」
「彼なんて、許さない典型だよ」
「あ、彼はものすごく許すタイプ!」

という、なんだか妙な「許す許さない」批評が目の前で始まる。
そこに思いやりがあるから、沁み入る嬉しさ。ありがと。
そこだけ聞いてると、なんなんだかさっぱりわからない会話だけどね。

ああだこうだと、収拾がつかなくなる事もあって、クールダウンをかねて
「総合的に考えたらね、そういう許容量のある人はかなり年上に多いんだよね」
とか切り込んでみる。
そうすると、道行くおじいちゃんとか、日頃お世話になっているクールシルバーの名を出してくる。
具体的な名前をみんな欲して。
いやいやいやいや、そうじゃなくってさ、ってな、まるで言葉遊び。


「許されたーい!」
と、とりあえず求めるばかりでもアレなんで、許せて解る女になろうと思います。
秩序の上でね。

あ、精神論の話です。




スポンサーサイト


comment

マザーだね。笑

  • たえこ
  • 2009/07/24 6:35 AM









trackback