2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 アルカス佐世保や長崎国際大学の小坂さんたちと、現代美術のイベントをする事になりそうです。

やっと、やっと。やっとです。

混浴温泉世界」の名前も出て、嬉しかった。
今度、会議に行ってきます。

長崎も面白くなるといいな。
面白くしたい。
今まで寂しかったもんね。

3足わらじが5足になりかけてますが、それでもいい。
たぶん、全部繋がる。
やっと霧が晴れてきました。
休日なんかいらねえ!みたいな踏ん張り時なのかもね。




別府土産のかぼすも、いつもより瑞々しくなっております。(←気分的に)



スポンサーサイト


comment

ああ、なんか判る感じがする
今までパラレルだったものが繋がり出すのってワクワクするよね
同時に「もっと早くつながってくれりゃよかったのに」
とも思うんだけどさ(笑
いわゆる「Synchronicity」というヤツですかな
俺みたいな「何でも出来るけど何にも出来ない」
広く浅いことに特化した人間は良く駆られる感覚です、わははは
でもコレが実に大事なんですな

  • TERRY
  • 2009/08/11 9:56 PM

カボスが水々しく、人魚のようですよ。

  • テンポラリー
  • 2009/08/12 10:58 AM

Synchronicity、ユングらしいね。
タイミングって、きっとちゃんと適材適所でかみ合ってくる感じがする。だから停滞も必要だったり。

広く浅いというよりも、ゆるやかな浸透力のある存在を目指したいんだよなー私。
急速すぎると一過性で表面的になりがちなのに、今の時間の流れ方は、異常に速い。


人魚とカボス。やはり人間でさえも水でできているだけあって、「水々しい」とは嬉しいお言葉です。ちょっと照れます(笑)

  • ジュンコ
  • 2009/08/12 6:06 PM









trackback