2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


サカエさんちで飲みました。
サカエさんは、山形に住むファンキーな現代美術家で、魚市場で働いてる。
魚市場で働くのは、作品つくる時間が確保されるからだそうだけど、似合ってる。

山形に「帰る」という感覚は、サカエさん夫婦と仲間たちがあるから。
ごまかしのきかない相手ゆえ、等身大のそのまんまでいられるんです。
というか、カッコ悪いのを丸出しオーケーな。
まあいつも丸出しだけど、より丸出し。

私の歯ブラシがあって、お風呂をわかしてくれてて、エビスビールとおいしい飯を与えてくれて、作品がハイセンスに飾られてて、私の友人たちも平等に受け入れてくれて、重いテーマでも楽しいテーマでも本気で話をする。的確なダメだしもしてくれるし。

わかってくれる範囲がでかいんです。
作家としてじゃなく、人としてわかってくれるっていいですね。

2年前にハルちゃんと私が書いた書き初めを、今でも飾ってくれてた。
タバコの煙で、ちゃんと茶色くなってて、その汚れがうれしいです。



なんとなく乗り越えた気がする。
なにを?とかいう突っ込みとかはいりませんのでヨロシク。

タグチ君も来てくれた。相変わらず気持ちいい美女だ。
私のまわりには、本当にいい人がいっぱいいてくれる。
しあわせもんです。
わたしもがんばりまーす。

いや、今年の抱負は「がんばらない」にしたんだった。


そうそう、サカエさんの作品がコヨーテに載ってるよ。
ちょーうれしい☆ 

すきだー!!!


スポンサーサイト


comment









trackback