2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


何のことない、フェチの話です。
いやいやいや、飛行機の話です。



縮み上がります。

縮み上がるもの、無いんですけどね。あ、下ネタです。


子供の頃、港の船が向こう(海外)の象徴だったという話を、日立生まれのタラフマラ小池さんが言ってましたが、私の場合は飛行機です。

ただ、違うのは、子供の頃ではなく今という。そして、知らない世界を行き来する可能性のみならず、質量とか轟音とかGとか、そういうのに興奮しているわけで。

じゃあ小池さんのそれに当てはまる幼少期の何かを探す。
実家のまわりに数カ所生えてた、30〜40mくらいのケヤキの木の、てっぺんのほうにとまっていた鳥かな。
山鳩とか、オナガとか、カッコウとか、知らない鳥とか。


大きな木の下で育ったのだなあ、と、最近になって気付きました。日光道(千人同心街道)宿場町だったそうな。坂戸宿。

そういえば小学生のころの写生会で、私だけ道路を描いていたのを思い出しました。さっき調べたら、そこは街道の追分地点でした。


スポンサーサイト


comment

こんにちは。昔よく見に行ったような風景だなと思ったら、福岡空港じゃないですか。
学生時代に自転車で8ミリカメラ持って通いました。youtubeは北側の道路みたいですが、僕は南側が好きでしたね。風向きによって着陸の方向が変わるんですね。で、撮影ポイントにこだわって、空港に隣接する用地の中に入ってたら空港警察に見つかって。自転車で走って逃げた青春の思い出があります。

  • kawaguchihajime
  • 2011/09/15 9:38 AM









trackback