2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 わはは。
色っぽく書いてみたかっただけです。

松田くんの滞在が最終日、午前中から公開制作を松田江浜で。

風びゅーびゅー。

滞在お疲れさまでした。あと、松田友人中安君もお疲れさまでした。

隙をみて街へ歩きであい部の広報に行き、芯から冷えたし、松田君最後のごはんだし、たかのさん具合悪いので、
いただいたアオリイカでリゾットを作りました。いけちゃんの行程とタッチャンの蛸テクをイカし、あ、ダジャレを言いたかっただけです。

2週間ぶりにお休みを頂けることになったので、広報と説明もかねて「灘や」さんへちょっくら。

すっごく美味いのに、すっごく安い!

一切れ食べちゃったあとですが、このビューティホーしめさば520円。
シメがあまくて、絶妙なうまみっす。なんだこのサバ!

帰るときに連絡ちょうだい、と伝えていた松田君と彼を送るたかのさんが灘やさんの前に寄ってくれたんで、楊枝にさしたお刺身をお裾分けにお別れ。

そして、
スズキ(酢好き)、ペーペーなので、セコくこれだけをアテにカウンターで一人焼酎をいただいてたんですが、
急に団体客が入るってことになりまして、
妙な緊張感が走り(板さんやバイトの子は帰っちゃったあとだから)

というわけで、酢好き、お手伝い志願。
お客さんは若い皆さんだったので、厨房は戦場と化し、料理も飲み物もまわるまわる。
杉木さんも女将の里美さんも気だてがいいから、私もなんかすっごくおもしろかったです。

一段落したら、杉木さんが「在りもんで作ったから」と手品みたいにパパッとでてきた、

激うま、白菜豚肉しめじのオイスターあんかけ!
と、興奮し過ぎてカメラに収めなかったフクラギとシビ(本マグロの小さいの)の刺身
※このさかなの刺身は分厚めに削ぎ切りが美味しいと教えてくれました
と、チーズフライ。
しかも焼酎もどんどん飲め飲め!な。
さらに、腹へってないか?寿司とるか?と、宇宙の果てまで大盤振る舞い。

そういってくれるのが嬉しく、でも、お腹のキャパシティが限られてて悲しくもあり(笑)、
お気持ちだけ頂戴して、目の前のご馳走をいただきました。
なにより、杉木さんと里美さんと、たーんとお話ができたことが嬉しかった!


結局お勘定も受け取ってもらえず、またピンチがあったら駆けつけますんで!と連絡先を渡してお約束して、清々しく真っ暗な商店街を帰ったのが1時過ぎでした。


杉木さんに「すごく時給が高くつきましたよ?」というと、海原雄山ばりに豪快に笑ってました。ビジュアル似てます。

12日、お世話になります!
あ、そのまえにも、その後にも、お世話になります!
だって、あんな美味しいもの、みんなに食べてもらいたい。
そしてこんどこそちゃんとお足を払います。



スポンサーサイト


comment









trackback