2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 来週から福岡で始まる「内覧会」という名の展覧会。
内覧会しかしない、一般公開なしの展覧会。
主催者のアンチテーゼに共感したので、お誘いを快諾しました。

美術関係者やメディアだけに発する(ウケようとする)傾向のある最近の美術界及び作家の思考。
わたしは、本来芸術が存在する意味をすっ飛ばしてんなーと思うわけです。

で、普通は否定するところを、いやらしくわざと大げさに肯定の舞台を作るわけ。
おもしろい、モダンアートバンクWALD! 
特別コーナーを用意してくださった森さん、ありがとう!


私は孔雀を作ります。
孔雀(又は白鳥)はサラスヴァティ(弁天さま)が移動する時に乗るそうなんですが、乗せる本人を見失い、探している孔雀という設定です。

ギャラリーなのに神様いない。アンチ&アンチ。
サラスヴァティこと弁天さまは、文学芸術の神様です。
WALDが神不在という意味じゃありません。むしろいそうです。

白鳥か孔雀ってことは、間を取って白孔雀?



心の支えになてくれるのが神様だとしたら、支えられる心の持ち主の自分が肝心です。気をつけます。

私が今、最も気になる方の一人、グルージーさんがyou tubeでエレキを弾き、歌っています。
「あれ、今ここ風が吹いた?」というような気持ちに。

DHARMA SONGS

http://jp.youtube.com/watch?v=ihYnO_IdNn8

是非!アヴァンギャルドで柔軟でいい歌です。


スポンサーサイト


comment

>写真
おぉー
無駄に白いですね。

なんか無理やり背伸びして着飾ってみた鳩ってイメージがしてなりませぬ。

この気持ちは何処に向ければ!?

  • メカライス
  • 2009/01/24 12:00 AM

野生じゃないからひ弱に見えるのかなあ。

その気持ちは、昔の自分に重ねあわせウィスキー片手に懐かしむ、とか、ニヒルな時間の糧にいかがかしら?

隣町に、孔雀園という、なんでそれを作ったのか謎な、閑散とした場所があります。100匹はいる、孔雀。
資料がいるので撮影にいったら、誰一人いませんでした。

  • ジュンコ
  • 2009/01/24 11:34 AM

谷地の動物園みたいなもんですねw
無駄に親近感を感じずにはいられず、ドキがムネムネです。

負けずに主人探して3,000里の孔雀も100匹超えちゃいましょう。

  • メカライス
  • 2009/01/24 11:51 AM

100羽か…、いやいや、どんだけ大所帯で移動するのん弁天さま。
お忍び旅行とかムリじゃないっすか。

  • ジュンコ
  • 2009/01/24 12:10 PM









trackback