2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


今日は台風前で、海の大構造物の定置網は壊れると大変なので、引き揚げたりします。重労働。

そんな中、ホリノさんが昨日、網をもう一つ下ろしてきた!と言っておりまして。
川岸(ホリノさんの網)の独り勝ちかな〜と思って、氷見漁港に行ってみた。


お、スポットライト要らずのスター感!!!


結構大漁っぽくて、魚を選り分ける作業を手伝ってみたいんだけど、分からない事ばかり。分からなすぎる。
皆どう動いてるのかすっごい見た。

船から魚を下ろす、選り分け台に乗せる、魚種や大きさで選別、カゴ一杯になったら空カゴと交換、遠くのカゴに入れたい魚は投げる、カゴごと魚洗い、重量測る、氷ザクザク、空いたカゴやバット洗い、競りやすいよう魚カゴを通路側に並べる、何か競り人と話す…。

を小一時間。冬とかマジで大変だ。

で、いざ競りが廻ってくると、ものの1〜2分で捌かれる。超絶スピードっす。あっちゅうま。


エナジー集合体です。


ほへー、と毎度の事ながら圧倒されていましたら、7時頃から他の網の船が続々と入港。私が三人くらい入るタモで、ザボザボと魚を下ろしてました。

遅い時間。網を外してきたのかな皆さん。
雨の中、お疲れ様です。


 


スポンサーサイト


comment









trackback