2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


朝、お坊さんがヒミングへ托鉢に回ってきまして。鉢ではなく、布袋でしたが。

この突然読経が門前で始まる異世界っぷりに、移住当初はどう向かい合っていいのか分からず見事にたじろぎましたが、その後みんなに教えてもらったので、今朝は小さなお布施を。

そしたら、お坊さんといろいろお話しすることに。
飲食業やるなら食べ物に感謝の祈りをすればうまくいきます、と仰る。
食べ物だけじゃないですよね、人間同士も敬意が肝と痛感してます、とか生意気なこと言ったものだから、話が弾みまして。


お経以外の言葉を托鉢のお坊さんから聞いたことが無かったのもあって、
本当に無礼千万なんですけれど、正直、同じ人間だったのか、っていうか、
コミュニケーションとってもいいのか、とホッとしました。


そのあと、みちよさんからカワハギをバケツ一杯頂きました。
馬面じゃないヤツです。有難いっす。やったー!
氷見では「たいかわさ」と呼ぶそうです。

ホントにいつもありがたいす。ありがとうございます!


もう、脱ぎたいとしか思えない進化。
脱がせます。
ウットリします。
快感です。


煮付け(なんと、煮付け用のタマネギまで頂きました!)と、干物は送る用、
残りの三尾は五枚におろして、肝はちょこっとだけだったので、とりあえずみちよさんに教えてもらった血抜きを。


水換えて三度目。若干グロくてすみません。


仕事終わりに泳いだら腹ペコ、

ばーん!
肝醤油な刺身心を裏切る、カワハギのパスタ。夜の炭水化物!


肝心なのは、肝とリスペクトの心。
(あとネギとレモン汁)
 


スポンサーサイト


comment









trackback