2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


万木と呼ばれるカツオを、ほりのさんが海で獲って、みちよさんが捌いてお刺身にしてくれ、私がご相伴に預かりました。

もうほんと、いつもいつも、心に沁みる美味さ。「真っ当」で純粋で、日本に生まれた実感とその喜びを感じる、すごい手料理なんです。

不良もたちまち更正するだろうし、いがみ合う二人も仲直りするだろう、心を洗う力があります。

平らかに愛情を注ぐ慈愛も、厳しい寒さの中で得た労力も、とにかく尊敬するし、そんな大人になりたいと思うわけです、スズキ。


万木!
ソウダガツオじゃない縞のある太っちょガツオ。脂ののりがすごいよーう!



大根おろしまでいただいて!豪快にどぷっと刺身を潜らせます。ワサビ醤油より美味いと思うわけです。


ありがた過ぎて、いつもホリノ家の方へ手を合わせて「頂きます」するんですけど、言葉にできないくらいその愛情が嬉しくて、
一口食べたら涙でた。


なんという土地に住まわせてもらってるんだろう。

うえーん、と嬉し美味し泣き。



いつかみんなにお返しします!

 


スポンサーサイト


comment









trackback