2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


Novo Mesto/0日目〜1日目



みちよさんが氷見の高速バス停まで見送りにきてくれたのだ!(PM10:00)



「人魚、空を飛ぶ」!!!(AM5:00)



昼の便で出られれば迷惑かからなかったんだけど、午前4時半に川越に迎えにきてという無理難題に答えてくれた父でした。





兄がパリから帰国し実家に着いた9時間後、私は実家を発つのです。

かすってよかった。(PM20:00)

しかし、再び父、未明に私を坂戸駅まで送るという巻添えをくらう。(AM4:00)

連日ありがとうございました!



宜しくお願いします。
擦りむいた程度なら、なんとかしてくれそうな頼もしい飛行機に乗ります。
ふんわり安心感。




移動の間の21時間くらい、ずっと昼。夜はチューリヒまで逃げ切った。



まぶしい(雨だけど)チューリヒ空港をボンヤリブラブラ。



「豆腐にぶつかる」の図に見えてしまい、





「え?下に豆腐が?」にしか見えなくて撮ったけど、今となっては何故あんなに豆腐に囚われていたのかわからない。







乗り換えのアドリア空港。ちっさ!!!

やっと夜の暗さになったせいか、座った直後に即寝。でも即着。



ボヤンがリュブリャナ空港に迎えにきてくれました。22:30。

こんなに遅くなのに、ありがとうボヤン!よろしくお願いします。



氷見から実家まで7時間。
実家からBojanの家まで24時間。

 


スポンサーサイト


comment









trackback