2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


7時に目が覚めて、外へ出てみた。

夜遅くに着いたのでわからなかったけど、
ボヤンのお家は、とんでもなくすばらしい丘の上にあった!!!


気持ちがすーっとする!なんだここ?!



でかい!目が遠近感を失うほどでかい!なんだここは?!

あんまり壮大で美しい牧歌的な景色に見入ってしまい、
聞いたことのない様々な小鳥の美しい唄声に聞き入ってしまう。


スーパーナチュラル・朝ボヤン登場!!!
そして愛娘のアナちゃんが、超カワイイ!


ボヤンがおもむろに小麦粉(全粒粉)を捏ね始め、パンを焼いてくれました。

もう、私にはパーティーが始まったとしか思えない。
というと、これが普通だそうです。


なんだろう、この豊かな感覚。
贅沢の基準がすごく違って、すごく良い。


自分と、自然と、これほど静かに対峙するなんて、いったい何年ぶりなんだろう。


ちょっと座っただけのはずが、2時間も寝た!
時差ボケのせいにします。

 


スポンサーサイト


comment









trackback