2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


笑わせたい人がいて、笑ってくれる。
泣きたいときには、笑わせてくれる。

それを全部わかっていてもなお、
ひっくり返って転げるほど、バカみたいに笑い合える人たちがいた、この幸せ。

すげー。
すげー幸せなんだな、私は。

有り難い っていうのは、なかなか無いっていう意味だ。


有り難い人たちに、なんて恵まれているんだろう、私は。



などと、梅雨の雨音に想う夜もあるのでした。




Novo Mesto の教会の日時計。
今、を実感するのには、最高にステキな装置でした。


どうせなら、時刻盤に、大切な人と話した時間の記録を書いて、真っ黒けにしたい。


私の幸福論とは、ゆくゆくつまるところ、
調和でしかない。





スポンサーサイト


comment









trackback