2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています



連休を頂いたもんで、AAFへの原稿を書きがてら、パソコンを持ってのんびりと北上。

うまく言えないんだけど、昔の自分に会ったら、未来の自分とつながる気がしてね。
最近なんとなくそんなことを考えてて。



スーパームーンだし、陰陽思想だと9/9は重陽(菊の節句)らしいってんで、酒に花びら浮かべて飲むという粋っぽい慣習があるらしく、やってみた。シャレオツを目指したはずなのに、なんか仏花にしか見えん(笑)。
月の力か?数字の力か?何の力だ? てか、原稿書けよ、その力で。

山形新聞に連載させてもらってたころ、たまに安ホテルで原稿缶詰やってたなあ、と久しぶりの感じが嬉しいなー。たーのしー。


無事原稿を書き終えたんで、清水くんお勧め、三条の法華宗のお寺、本成寺へ。

あれ、子どもたちで大にぎわい。小学生の写生会と、幼稚園のお散歩で、ちょっとひるむ。

めげずに前進!


彫刻が鱈の白子みたいに超3D!ほどけそう!すげーこれ掘った人。



モンネポルトの軒の梁より曲がっとる!完成度たかっ! せり出す気満々な軒!
どう生えてたんだろう、この木。船大工番匠さんも欲しがるだろうなあ、この曲がりっぷり。




お堂にお邪魔をしましたよ。

静かな心になろうと正座をしておりましたら、「法華バーン!」と外で小学生たちが連呼しまくってる。なんか必殺技をあみ出したらしい。毛虫退治に効果がある技だってさ。お寺で殺生。

しかしでっかい場所だった。お寺もその界隈も。鬼門に門が無いのは当たり前として、参道が東と南に2本。2本?
裏手の墓地前に生える立派な巨木も歴史を物語っておりました。


看板の内容が玄人すぎる。

この三門の周囲が円形交差点のような仕組みで車がくるくる。
法華版凱旋門ですね!法華バーン。←言いたかっただけ


五十嵐さんお勧め、潤というラーメン屋さんへ。

開店30分もたたないうちに満席!すごい人気っすね。
五十嵐さんメモのとおり「背油チャッチャ系」だ。うまい。太麺、たまねぎ、岩のり、なるほどですね。
帰ったらラーメン作ろう。玉置さんの製麺機あるし。


さて、今回の旅のめだま、15年前の私も来た玉川堂さんへ。

変わらず在ってくれる、たのもしさ。



人増えてる?ってか若手増えてる!!女性もいるし!!!

手前の若いお兄さんはひたすら荒らし鎚。奥の一段上の間におられるのは彫金師。格上なので、床も一段違うんだそうです。
畳だしーっ!かっこいいー!!!
にぎやか!すごい良い音。オーケストラみたいだ。でも職人さんがたは耳を悪くするそうで、耳栓してた。


大学時代、私は金工(鍛金)を学んでいて、研修で燕と三条に来たのが15年前。
スピニングとかプレス機とか工場の様子もすごかったんだけど、一番感激したのがここ、玉川堂さんでした。
感激したのは覚えているんだけど、何に感激したのかぼんやりしてしまっていたし、
そもそも、関心の向くまま鍛金と現代美術がクロスオーバーして、結果、現代美術を選んでいるわけで、
置き去りにした鍛金への想いを確かめたかった。

たぶん、なんとなく、やっと地に足がついたような気がしている最近の私の心情から察すると、
その地面を、崩れないようにしっかりと踏み固めたいのかもしれない。


で、やっぱりすごかった!
当て金だけでも200本以上、鎚を合わせたら300本下らないそうです。

色揚げ場。

左の樽が硫化銅、手前が硫化カリウム。煮たり焼いたりして、色揚げ。10色だって!
しかも、うなぎのたれみたいに代々継ぎ足してきた煮液。レシピがあってもマネできないヤツだ。


色揚げ場、天井高っ!

昔(戦中かな?)、経営が立ち行かなくなり鉄加工をやっていた時期があったそうで、
天井側にシャフトを渡し、いくつもの機械を1つの動力モーターで回すため、天井が高くなったとか。
昔はモーター、超高価だったから。
モンネポルト(旧幸山陶苑)の轆轤のしくみと同じだ!ポルトは床側だったけど。築80年ほどっていうのも一緒だ!


きっと、学生時代と感激したポイントは変わってしまっていて、以前はテクニックとかに前のめりだったかもしれない。
今回は、伝統の凄みとか支えつづけた消費者とか、時代背景とか、銅山が近くに在ったとか、そういうでかいスケールのなかでのハイライトが、ここだっていう類いの胸の打たれ方。

来てよかった。

正午になったとたん、ピタッと全員の鎚の音が鳴り止み、案内してくれたお兄さんがお茶でもとおっしゃってくれたけど、
またお昼時じゃないときに伺うとして、今日はお気持ちだけ頂きますと言うと、
工場の祭典のチラシをくれた。魅惑すぎるー。うわー、うおー。



富山への道中、高速走行中「村の鍛冶屋」を熱唱してたら、

なんでだろう、魚沼にいた。

なんか、「尾瀬」っていう看板出てきたし、妙に山っぽいなーと思って。
道を間違ったことに気づくのが遅かった。わはは。



長岡ジャンクションでは今後、熱唱を控えます。


 


スポンサーサイト


comment









trackback