2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


アサヒ アートフェスティバルのコラムに、スズキ、書かせていただきまして。

ちょうど朝、長谷さんから公開に関してのお電話があったんですけど、
ちょうどそのとき枝豆の収穫中でして、ひーひー。

そっちに枝豆送りましょうか?なんて話もしてた、その現場。
iPhoneImage.png

前の日に今日のお弁当用の枝豆を収穫したんだけども。抜くのではなく、摘む方式。
心、折れる。汗だく。

で、当日。みんなで収穫。果てしない。全員で穫っても5%も収穫できず。



ヘトヘトでヒミングに戻って、昼休みに寝れば元気になるかなと思ったとき、
iPhoneImage.png
釣り漁師、準ちゃんあらわる!


iPhoneImage.png
ごっそりくれた。

手を切らないよう、ヌルヌル捌いて。キジハタのホッペにはカミソリがあるので、注意ですよ皆さん。

準ちゃんありがとうって、ちゃんとお礼言ったっけ?覚えてない…。
ありがたすぎて、途方に暮れ、もう開き直って、どうにでもなれーと思った。眠すぎって悪です。気をつけます。

湯引きして昆布〆に。


iPhoneImage.png
キジハタぬるぬる。眠い顔はもう隠せない。隠さない。
でも、早くさばかなくちゃ。
今日は町内の獅子舞だし。


長谷さんと「枝豆いります?」「もらえるのならありがたく〜」みたいな今朝の会話を思い出し、P3に送ることに決めたら、
なんか、このカオスな状況が楽しくなってきた。


食はアートじゃない。
食を介したコミュニケーションはアーティスティックになりえるとは思うけど。


というわけで、ただ私は好きな人たちが喜ぶのが好きなのでした。
優しさの押し売りが趣味です。(笑)

あー、押し売り楽しいなあ。


スポンサーサイト


comment









trackback