2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


初めて ランタンフェスティバルに行った。長崎市。
仙台の七夕祭りの印象と似てた。

最近私は作品に針金を使うんだけど、ランタンの骨組みは3mm丸鋼が使われてた。
造形力もキャラクターっぽいけどなかなかすごくて、とにかく派手だ。
中国っ!って感じ。
布張りで耐久性もあるようで、毎年使い回す事が可能。



まっかっかちんちん。


まあいろいろあって、私の琴線、琴線を…。もういい加減触れねでけろ!現象が。
せっかくの長崎観光なので、自力で消化しようと頑張ったら、食あたり的やさぐれムーヴメント。

コレはマズいということで、楽しみを見出すことにしました。


しり。



ボーボーのかかと毛。



もう、アレだし。



レトロにもほどがあるでしょうよ。



突き上げた拳には、タレ。



客層が気になります。


挙げ句の果て、帰り道に寄り道してもらい、

嬉野秘宝館のでかい仏像。
ムック車でライトアップしてもらい、


ドライブスルーで音読。

正面玄関の秘宝珍宝はあまりにえげつなかったので、自粛。

なんなんだ、このカメラのデータは。

うまい餃子を食べながら、琴線の存在をかき消す夜。
連れてってくれ、そしてヤサグレを笑ってくれたオカオニちゃん、ありがとnight。




こんな画像もありました。眼鏡橋。  ふう〜、えがった。ちょっとはマトモか。


スポンサーサイト


comment









trackback