2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 日誌、主観的に書こ。

というように思ったのは、やっぱりドラマティックなこと(主観)ばかり起こるからな、ここ。

今日(30日の事ね)22時を回った頃、真面目そうな感じのスーツ姿の男性が扉を開けたんですよ。

ドア越しで立ち話をしていくうち、その方は不動産業らしく、この物件は誰もいないのだと思って下見に来たところ、やっててビックリ、ってな具合で。
期間限定で、などとこちらの事情もお話ししつつ。

あらぁ、今後はココで優子できないのかなあ…、なんて少し儚い気持ちになりながらも、まあいろいろ話してたら、どうもこの物件をどうのこうのというわけではないような。

「ま、立ち話もなんですし、せっかくだから」と中でコーヒー飲みながら話をしていくうちに、

実は、
この『エンゼル』を長年なさっておられた方の娘さんが、別の場所で「エンゼル」という同じ名のお店を開いており、ここの扉にあるプラスチックのロゴを使えたらなあ(移植)、という相談を、その不動産屋さんが受けたのだそうです。


この、プラスチックのカッコイイやつです。


ちょうど栗ちゃんと“命を繋げていくこと”について話をした後だったから、
母の遺志の象徴を引き継ぎたいという娘さんのアクション(これは私の妄想だけど)に、ことさらグッときてしまった。
私には決める権限なんてないんですが、あたたかく引き継がれ生き続けたら素敵だなあ、と思うわけです。

そんな最中に来てくれた勝君&勝パパ(年に一度別府に来られるそうです)にもグッときて、
不動産屋さんに金粉ショーを紹介してた直後に、そのダンサー竹ち代さんも現れて。
人のつながりの密度がすごい。

なんだか、
もう亡くなってしまったエンゼルの元主人とも一緒にみんなで笑っていたかのような、不思議な日だったんですよ。

なんだかさ。
なんだかね。




 今日はずいぶんのんびりで、
せっかくなので、

あ、そういや看板作ってなかった、ということで、


二代目看板娘です。よろし〜くね。


で、さらにのんびりが続いたので、

今回連れてきた初代のお立ち台制作。
優子、ペンチ握ります。


ちなみに二年前の現役時代はこんなでした。

(あ、左手だったか…)

広報的な活動?もしてみたり。
まずはfacebookでスナック優子ページ作りまして。
イイネくれた方、どもありがとう。
そうこうしているうちに、皆さんからいろいろ反応を頂戴しまして。
ありがてえですぜ。


まあでも、ふうむ、カッコウ鳴いてるし、もう閉めよっかなあ…、なーんて思っていたら、
別府で洋酒でシャレオツときたらここっきゃないでしょ!のトランブルーのスガさん方がいらしてくれました。栗ちゃんが紹介してくれた。本当にありがたいです。


さらに、スガさんたちがスナック優子だと思って入ったという、PUNTO PRECOGのヨーヨーさんも仕事を終えて来てくれた。
ヨーヨーさんから砂里さんの名前が出て、ビックリ嬉しかったなあ。


人の繋がりってすごいなあ、と結構素直にしんみりな夜ですぜ。



 きっとこれからの一ヶ月ちょっと、忘れたくないはずなので、マジメに書こうかなと思いまして。

まあ実は、昨日プレオープンとか言っといて体調絶不調だったんで、今日目覚めと共にアクセル全開だぜ。

開店早々、“オーナー芹沢”が来てくれて、なんか2年ぶりで照れくさくって、
勝君が清島のポスター貼りにきて、
オーナーが帰ったあと、間髪入れず栗ちゃんとお連れの杉田さんが、またおもしろくって。

で、帰ったあと、アベリアさん登場!ホッとする〜、で、なんてあったかくて義理堅いのかと感銘してたら、ひとまず風呂入りにいくと退散。
…かと思ったら、ケンセイと一緒に戻ってきてくれて、ケンセイはゆっくりしてって、徹夜のアベリアはまた、義理を果たしに夜の街に旅立っていった。すげえなーアベリア。

閉店後、あからさまに外が騒がしかったので、2階の窓を開けて「開けましょうかー」ってことで、金粉ショーチーム&あうんさん登場!
アベリアさんがゴールデンナイトの打上げに宣伝してくれたようです。感謝!

しかし嬉しかった!
おもしろい人たちだ!
気持ちの良い人たちだ!
逢えて嬉しい人たちなんだぜ!

やべえ、興奮。



 いつの間にか寝ちゃって22時、携帯の音で目が覚めた。
クリちゃん戸を叩き、寝ぼけ眼で、本場の別府スナックに連れていってくれた。

カラオケは苦手です。


そんなして、私一人じゃ到底行けないお店を、グラスホッパーのように巡ってくれたあと、
道を歩いていたら、山出さんと芹沢さんに逢った。

なんか、すごく、ベップな感じ。
夜の遊び方が違ってた。
知らない別府と、知った顔。





今回の優子ができるまで

0、芹沢さんから今回もやろうと連絡をもらう。
1、ヒミングの休みを頂く。
2、氷見の名物を買ったりいただいたりオマケしてもらったりして、
3、引っ越し的に軽自動車に荷積み。(重要:ミラー確保を意識して)
4、運転しながら、忘れているいろいろを思い出す。
5、せっかく船に乗ったのに、海が荒れてて甲板に出られず、しょげる。
6、運転しながら、今後の行動を組み立てる。
7、波佐見でさらに荷積み&片付け
8、福岡で仕入れと、別府(べふ)と間違えられながらチグハグした会話を修正しつつ、別府での仕入れ先を教えてもらえることになり、
9、大分道で、私を追い越そうとした車が真横でバーストして泣きそうになり、
10、無事別府に着く。
11、後藤さんに駐車場貸してもらうお願いをし、
12、柳屋さんと賃貸契約(?)を交わし、
13、ベッププロジェクトにご挨拶。
14、エンゼルの全てのドアと窓を全開にして、大掃除
15、(袋一杯の謎の土砂が…。)
16、プラ2から冷蔵庫搬入。清島アパートの勝君、真島さん、ライスボール山本さんの息子さんの山本くんが手伝ってくれた。一人じゃ全然ダメでした。ありがとう!
17、対虫の結界を張る。(燻蒸)
18、掃除機をかけ、拭き掃除をし、
19、荷下ろし。
20、不老泉。
21、寝床作り。
22、荷解き。
23、イヤになって、ビールを開けることもある。
24、事前に連絡していたアンペア工事が、ヒューズが古すぎて九電の力ではできないと言われ、
25、ブログでも書こうかな、と思った今。


まだできてない、優子になるまでの途中でした。わはは。