2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 善光寺参りと周辺リサーチに行こうと思っていたら、玄関のベルが鳴って、


冷蔵庫と、



洗濯機が届きました。

有り難いです。この夏に、冷たいものが飲めて、さわやかな衣類をまとえます。
初日はさすがに、このでっかい家で一人はちょっと怖かったけど、ちょうどここのお隣には神様の居るらしい社があったので、よろしくお願いしました。


そして、さっそく。

あの、ありがたい煙が、狛犬の口からバーっとでる。


問答無用で圧倒的な本堂。すごくドラマチックな都市計画がなされている、善光寺界隈。

参道には結構な人がいるのだけれど、平日だから少ないや、と店の人が言っていてビックリ。
平日の朝にまた参ろう。お戒壇巡りとかはしませんで。

街をうろうろして、夕方のインタビューを終えて、小麦粉をねって、毛と戯れて、夜が更けていきましたとさ。




 長野は今日、寒いです。風びゅーびゅー。
台風が寒いのを連れてきた模様。

滞在場所の家は、みんながキレイにお掃除してくれていて、いたるところに皆さんの優しさを感じます。
よろしくお願いします。
場所は、善光寺仁王門のすぐ近く、西之門町。



イカしたサイン。(元富山の薬売りの常宿だったようです)


普通の民家に、非常口のランプ。


家がでっかい。夜の静けさ。25kgの段ボールは腰に優しくないので気をつけましょう。
ヤマ、重労働の巻添え、ありがとう!

さて、さて。


1年ぶりに地元の祭りに。


実家の前。猛暑の中、マンションの人たちの親切打ち水がたまらなく涼しくって。



 
ガブガブ噛まれたい。



祭りの役職を終え、7年ぶりに復活の父。


イリはじめ、一年ぶりに会った人たち、会えて嬉しかったなあ。


 というわけで、今月後半から長野です。
毛を50kg注文しました。

山貝さんが送ってくれた記事です。仙台四郎っぽい。







波佐見で田中さんが講演をしてくれた。のを聞きにいきました。

会場を見渡したら2〜300人ほど居て、なんだかホッと。
地震以降、パソコンにかじりついて情報を得てきた類いの他に、いい社会になりようもない政治的な仕組みの問題を教えてくれて、大きく納得。

ちゃんと知ると、ちゃんと動けると思います。
ちゃんと知ることは、自分(たち)の身を守ることと同意義です。

素直に実験台になる義理なんて、誰にもない。
玄海町の町長、関係者、お願いだから正しい眼を。
問題を抱えている西の果て・玄海原発が九電に言わせるところの「想定外」を起こしたなら、偏西風大国日本の国土は風下です。福島第一どころの騒ぎじゃない。




 調子の悪いコンパクトカメラをpcに繋いでみたら、こんな日常が露に。


恐怖と悔しさ、1/1サイズの原子炉模型。九州エネルギー館。
もっとおぞましい展示もありました。核融合型の原子炉計画とか。
皆もちゃんと知ったほうがいい。知らなかったじゃ済まされない時代です。




家でみんなで、らっきょう漬け。
夕飯もみんなで。ナツ作グリーンカレー。




甘酢と島唐辛子。みんなにお土産。




新博多駅の藤浩志さんの作品。
トークイベントには、以前ゼロダテの記事を書いてくれた、元青森国際芸術センターの日沼さんと藤さんで。




家の横の荒れ地を開墾。畑を作りました。
鋤と鍬で、手にマメだし筋肉痛だし。なさけないったら。ずいぶんと柔になったもんです。トホホ。でも土に触るのは、人間回復への最短距離かもしれない。
向こうの方にはジュヌセパの月子さんからいただいたハーブたちが。大事に育てます。もっさり茂っておくんなせえ。


しかし農地を開墾して維持するって大変だ。農家の方を尊敬します。
そして津波の塩害や、もっと残酷な放射能汚染被害を受けている方々の気持ちを察しようとすると、身の裂かれる気持ちです。土も作物も育てているわけで、とてもかわいい。かわいいんです。
地図だけじゃわからない気持ち。




食用に買ったガルバンゾーも、もしかしたら?と思ったら、もしかしました。
かわいい芽がでた。






ネット環境が、まあ不十分なのと、 じぶん環境も、まあ不確立なのと。 書きたいことがありすぎて、相当おもろい事も多発しているもんだから、それを書き切りたいのだけど、ことごとくプライベートなPCに向かう時間がないだけで。 元気でございマッスル。 家の一角を開墾して畑を作って、テニス少女だったとは思えない情けない感じで、手にマメだらけで。 その手でハイテクMacBookでいけちゃんのとこの本質主義パン屋さんのホームページを作っています。 みてけろ。 http://lest.ciao.jp 善光寺でレジデンス、七月下旬にやらせてもらうことになりました。 詳しくは追ってご連絡を。 おいで、おいで!長野市を血肉化してしまおう!そしてふる里。 日本は体、私たちは血です。 血が巡ると、体は元気! 今までみたいに血がお金だと、これからなおさらしんどいぜ。 でも、今の社会でお金はやりたい事させてくれる一つだから、お金大切。 でももっと好きなのは、人なのね。 また会いたい人を沢山作る事が、心の体力の源でありんす。 あ、仁、おもしろいですね。最近教えてもらいまして。のかぜさんー。 今、最も欲しいものは、せんねん灸です。 頭パンパン、飲んでふんわり、iPhoneからはめんどくせー。 今宵のお付き合い、どうもありがとうございました!


 皆さん、目まぐるしい日々のなか、魂はちゃんとついてきていますか?

どうも、インディアンの考え方では、急ぎ過ぎると魂が追いついて来れなくて、病気になったりするのだそうで。
インディアンはウソつかないんだぞ。
「気をつけよう 甘い言葉と 先走り」


うんざりさせるのも人だけど、ワクワクさせるのも人でして。
人はやっぱり好きでいたいなあ。


そろそろ魂の影が見えてきたかな。
風も吹いてきたような。


シュークルートたべたい。


一郎くんが大船渡でおもしろ炊き出しをやるそうです。
ちょうど、マサミさんも大船渡にいるから、つながるかな?

パスタの具とのリクエストなので、波佐見のおじさま方にお願いして、ごっそりアスパラを送ろうかと思ってます。(いま無職なので、労働で払います!)
アスパラは立てて送るとくたびれないらしい。

こういう応援のしかたもありンディアン。←すみません、ただ言いたかっただけです。
皆さんもぜひ!




この一ヶ月間、引き継ぎしてました。
共同作業やら会場設営やらご挨拶やら情報整理やらウェブ関係の移行やら。

なぜなら、
 
ポルト新戦力、マリさん!紙面で同棲生活が暴露。
モンネポルトがますます面白くなりますように!です。


そして、今年度のレジデンス?に来てもらえるかもしれない写真家、カリーマルケリンクさんとインデペンデントキュレーター菊田さんたちをご案内したり。



そして、明日から陶器祭りが始まります。

私は思いっきりアートという生き方を進みたいと思います。
肩書きは「モンネポルト・代表」から「モンネポルト・おまけ」へ。

詳しくは後ほど書きたいと思います。


さ、最後の力を振り絞ってーっ!

の後、 どういうわけか、ひと息つく間も無く目まぐるしい日々っす。
ですので、ちょっとゴム伸びきってまして。
ブログほったらかし。ごめんなさい。



中尾山のお堂の天井画(マリさん撮影)
腕のたつ絵付け職人さんが奉納をされたものだそうです。


モンネポルトは昨日からバーンロムサイ展、明日から波佐見の窯元さんがたの新作展です。
昨日は一真窯さんが案内をしてくれながら撮影に歩き、PVを作りました。

会場で流しまっす!

どういうこっちゃ。いろいろ。