2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


昨夜は心、大荒れ。
エンドレス動悸。

迷惑をかけちゃった方、ごめんなさい!

最も迷惑かけたのは、お母さんだなあ。
夜中のメールから始まって、朝6時まで長電話でした。
お母さん完全に目が冴えておる様子で。
ありがとうお母さん。


「にんげんだもの」
という、なんでも許されるらしい魔法の言葉は、使いません。
使えません。すみません。


ぎゃふん。




 スケールのでかさは、重要だなあ。

パパ・タラフマラ「三人姉妹」の佐世保公演のあと、みんなで打ち上げへ。
フカキョン先生も一緒です。

小池さんは本当におもしろい人で、考え方やおもしろがるポイントがおもしろい。
ダンサーのあらたさん、メチャクチャ気さくな方で優しくて、
白井さんも姉御肌でかっこいい女性でした。
二代目三女の橋本さんは舞台と普段の顔が全く違う!

とにかく、二ヶ月半の公演ツアー、お疲れさまでした!
ありがとうございました!!!超おもしろかったです。



沖縄のサトウキビ畑のど真ん中にあるホールの話やフランクフルトの文化事業の成功例をもとに、波佐見(そして地方)の未来を考え、そこから日本の未来まで、小池さんとフカキョンせんせとアルカスいとうさんと。

セゾン財団の発行する雑誌に、まさにこういうことを寄稿したんだ!と小池さん。
早く読みたーい!!!
共感がそこにある、という嬉しさ爆発です。


最近、こういう現象が多発して、なんてラッキーなんだ!と思います、私。

このラッキーを還元するのは今年からです。
なんでかは、まあ、そのうち書くとして。





13日にポルトに来てくれて、今日も来てくれたのぼりくん。
こうして私は、ものすごく面白い人に出会ったわけです。

脳の中身を差し出すと、差し出し返す会話のやりとりが、深部へ深部へ行くわけで。

単純に、凄く感動した。
こんな人がいたなんて。しかも隣町だもの。

「なんだよー、もっと早く来いよ!」と、どついたりするほどでした。

こういう人こそが、クリエーターと呼んで然り。

彼は、来週から数年間、大陸です。
負けないように、わたしもがんばるぞー。
がんばれよー!!!




おっ?!
…のぼりくんかと思った。

似てます。




 浸透型の興奮がありまして。

雪がまた降り始めそうな朝早く、皆さん遠いところから町内から集まっていただいて、無事終わりました。
パパ・タラフマラのワークショップ@ポルト。
皆さん、ありがとうございました!!!

フカキョン先生がブログに書いてくれました。

カクオが紹介してくれて、東京から来てくれたユキコさんに会えたのも興奮。
うれしかったなあー!!!



レクチャーby小池さん



ワークショップby白井さん 寄りかかり合いながら、立ったり座ったり。



人を意識しぶつからないように密集して歩く



最後に作品を作るproduced by小池さん



座談会!!!


白井さんの体が、新体操のリボンの螺旋のように見え、
小池さんのスケールに圧倒されました。一人の脳の中で、破綻と構築を繰り返す凄まじさ。

脳は宇宙に成り得るかもしれない。



お休みは水曜日。

今回のお休みは、フカキョン先生と熊本へ。
その道中が面白い。
(フカキョンせんせのブログはこちら

国道3号線、熊本城の手前あたりは、江戸時代、上方から攻め込まれた時に攻撃できるように街道を掘り下げてあって、その名残が今もあったり、
城下町特有のクランクだとか、
熊本城壁の石垣の凄さとか、
いろいろ教えてもらいました。

石垣のアールの美しいことといったら!


そんで、哲学思想の問答を交わしながら、熊本市現代美術館へ。

アーケード地下のお店でコーヒーをご馳走になり、一服してから次の要所へ。


すごいんだって!



突然の蝋人形に、マジでチビリそうになる32才。



フカキョン先生を探せ!

連れていってもらった宮崎滔天の人生が面白くて、お兄さんがたも各々強烈な生き様で、
こうして日本ができたのか、と感慨深いものがありました。

竹林があまりに茂っているなあと言えば、山が荒れるのは国が荒れているからだ、とか、
自民党のポスターに「まずは景気回復!」と書いてあるのを見て、「まずは景気」じゃなく人間を回復だ、とか、
山ほど話をした一日でした。

若い人たちは、もっとフカキョン先生と話せばいい。
ビックリするし、安心もするし。目から鱗も多々あるのに。

人間が生きているのは現象。
亡くなってからじゃ引き継げないし、相互反応もできない。


でも、宮崎滔天さんは、フカキョン先生や資料館の館長さんみたいに、大好きな人が未来に現れたことを喜んでいるな、きっと。

現象中に、いろんな好きな人に会えているのはラッキーっす、私。




 数日間マルがお休みなんで、お店番with NASSS!


やり手っす!ありがとう!!!


昼飯食べる時間のない私に、

差し入れくれた! …わ、わたりろうかはしりたい???


接客時間も終了し、ずっと待っててくれた那須夫妻と、夕飯がてらムックへGO!
奇跡的に波佐見で現代美術ファンの私の家の大家さんと

レオナルドダヴィンチの橋を、みんなで本気作り!

あー、すごく元気になった。
なんだあの元気にさせちゃうパワーってば。
そのまま北九州までついていっちゃいたいくらい、話ても話たりないんだけど、話しまくりました。


大切な人たちばっかり。
ありがたい、ありがとう!!!





やっと、やっと、那須さんと九州で会えました。会いにきてくれました。
ちょっと鼻血がでそうです。


コトの始まりは5年くらい前?のこと。
横浜ZAIMでのSHOWCASEで出会った岡山のアーティスト真鍋さんが、
「山形なら、ちょうど那須さんという面白いキュレーターが赴任したから、絶対会うべきだ!」
との助言を受け、できたてホヤホヤの鶴岡アートフォーラムに会いに行ったのだ。
…アポなしで。
会いに行ったはいいけれど、そのあとすぐ、私が長崎に飛んじゃいまして。


その次は岡山
アーティスツハウスというレジデンス企画に呼んでくれて、その施設のオープニングに出向きました。
結局実現には至らなかったけど、嬉しい時間でした。
長崎からフカキョンせんせの愛娘ユミちゃんと、高速ゴーゴー。
那須さんも山形から岡山に。マキさんとは初対面でしたが、凄くアグレッシブな夫婦だ!


その次は越後妻有
長崎から新潟まで車で行って、鶴岡までもうすぐなのにーとメールしたら、ちょうどその日、那須夫妻もなんと妻有入りしてて。
大興奮で合流して、モーテルで酒盛りさ!


実は、今回でまだ4回しか会ってない。
ウソだろ〜!その事実にビックリ。ありえん。

わーわーわーワンダホー!!!



NASSSとフカキョンせんせ。





 たかにいが波佐見に来てくれた!

彼は子供の頃からの付き合いでして、実家埼玉坂戸のお祭りの「生粋祭りバカ」であります。
ちなみにこの踊ってる坊やのお父さんでもあるわけで。
こうなるともうほとんどDNAを感じずにはいられません。


「福岡出張ついでに来た!近いじゃん100km」って、ついでの規模が気持ちいいぜ。

30分ほどの駆け足訪問で、そのまま夕方の福岡発フライトで無事帰還したようです。
いやー、来てくれて嬉しかったー!
ホームシックにさせないでよーう。


てんつくてんつく。



私の親友、69歳なう。 あの、今だ私がなかなか仲良くなれない「なう」に、歩み寄りたかったんです。 ちなみに彼、クラウドとFacebookに興味津々なう。 さすが深キョン先生。 早く死んでしまったら私がつまらないので、長生きしてください! なうなう。 なう大事なう。


朝、温泉行こうと思ったら銀世界だもの!

あー、ビックリ。

何がビックリって、この程度の雪にビックリした自分がビックリ。

多分、装備の問題で、スタッドレスはいてればビックリしないのかな。
革手や紫外線カット眼鏡がなければ溶接も引け腰、みたいな。


環境に適応した実感は、なんか昔の自分が他人になっちゃったみたいな、変な気分です。

ちくわぶ食べたい。九州には(少なくとも波佐見には)売ってない。
かわりに(?)ちゃんぽん麺が山のように売られてます。