2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


氷見の大境という地区は、縄文時代人が住んでた大穴が海辺にあって、唐突に時間軸が大規模だから、好きな場所でした。

今日、その地区の多分全戸を訪れまして。チラシ配り。


いきなりこれだもの。
風通しのいい二階にはタマネギ干してありました。


超裏路地に、さらに階段や曲がりくねった坂なんかで起伏する立体感と、門から玄関のやたらかしこまった趣きやら生活感やら。
はてまた漁具倉庫なのか個人的番屋なのか車庫なのかわからない一階部シャッター建築の多さ。
このデフォルトがすごい。


あ、ここ大境だった、と実感させる、かなりナイスな漁網の活用法。


とにかく、うっかりすると錯綜してしまう。
集落の密度の重力に、何度方向感覚と境界線を見失ったかわからない。

そのうち、時間感覚までも惑わされて、時々チラ見する富山湾とか岩穴と目が合ったらなおさら、もう自分がアウェー且つちっぽけ過ぎて、空まで突き抜けて青いし、もう、そんな感じもどうでもいいコトなのかもなー、なんて思わせる。

なんてでかいんだろう。

ただ、そこで生きている美しさに、強烈な感激をしてしまったわけです。


徒歩で2時間ほど、逢った方皆に挨拶と告知とウロウロして、車に戻ったら、


これだもの。

写真撮ってもいいですかー!とジェスチャーで会話して、おっきい丸をもらったので、撮らせてもらいました。
クライミング山林整備。

切った木や竹が、ずざどどどーっ!と、絶壁を落ちる。


「氷見の男は農林水産。」
今日の中田さんの言葉です。
中田さんは櫓漕ぎ名人。


☆おまけ☆


53kgのサシ(マカジキ)の胃と肝と根菜野菜の味噌煮。漁師さん家でしかできないご馳走です。一口ひとくち、全部味が違ってお祭りさながら。すんげーうまかった!ホリノさん、本当に感謝!


ずるい奴は嫌いだ。
自ら痛みを引き受けて成長することをやめて、人のエネルギーを搾取して大きくなろうとするのが嫌だ。

成長しようとする人が好きだ。
痛みを知ってもなお向かい、逆境を順境にかえる。人間がでかくなる。個々の魅力を引き出すし、いい循環が自ずと生まれる。努力を惜しまないし、そもそもそんなの努力とも思わない。
それは、本来アートが持つ力でもある。
だから、アートが好きだ。

海に、山に、取り巻く自然に感応する人が好きだ。
対峙するものを尊重し、畏敬を持つことは、先人の知恵と正しいあり方を教えてくれる。

私は成長をやめたくないし、やめるつもりもないぜ。

美術なめんな。
人間なめんな、コノヤロー。
いいじゃない、ちっぽけな啖呵切りたい夜もあるんだ私には。



かけがえのない方々や環境に呼応しながら、「おかげさまで、あ〜面白かった!」と高笑いして死ぬのが私の夢です。
という趣旨の、久々のブログでした。





 
「乗っかるな。乗り越えろ。」


皆さんに言いたい。

今年はもっとおもしろい時代にしようぜ!!!
おもしろい時代を創るんだ、私たちは。
私は少なからず、おもしろくやるぜ。


明けました。おめでたい。おめでとうみんな!


 みちよさんが、幼い頃の記憶を辿り、生まれて初めて作ったというカマボコ。


カマスをたくさんさばいて、すり鉢でがんばる。

で、蒸したてを頂いたんですが、魚感満々、、てか、もはや、

テリーヌ!(しかも二切れで1200円くらいしそうな)

すごいなっ。





 2009年8月5日。
忘れもしない人魚の日です。みんなの助けのおかげで無事に終わったアレが、3年越しで封印を解き、今まさに編集中。


少し離れた所に浮き輪で待機して、溺れたら助けて救命係トミー、

陸上カメラ部隊マックさんオカちゃん、マルちゃん、そして草加家の高木さん(笑)

シュノーケル水中カメラでがんばってくれた、陶芸家ツッキー、

見守り隊の小春にはるきくん、


他、いろんな道具を貸してもらったり、人魚はクビレやろ!とモーレツ痩身中の私にカロリーオフな差し入れくれたり、話を聞いてくれたり、おいしい賄いご飯を我慢する私に優しく気使ってくれたみんながいたので、成り立ちました。

ありがとう!


噂を聞きつけて(言いふらしてw)、公開を楽しみにしてくださっている方々、お待たせ!




「藝術定置網ヱヤサー!」で初公開する予定です。
(スズキ会場は、うちの土間)

他のアーティストも盛りだくさんなこのイベントの、サポーターとかしがてら家に泊まりにきたい人、お構いできませんが連絡くれたらいいと思います。
氷見満喫できるぜ。寝袋持参雑魚寝だけどね。ワハハ。



 というわけで、
私は、ここぞの時の怠惰な甘えを許しません。

そして、
生きる力は応援します。


エロいうちわは甘い香り。


おもしろく生きればいいんだぜ。夫婦喧嘩は犬も喰わん。






 今日はなかなか、心身ともに達成感というか。

ダメージを共にするって、なかなかねえぜ。


ペンキ塗ったり、ペンキ塗ったり、二度塗りを待ちきれず塗ったら、やっぱりムラできたり。


今日はとにかく、マイちゃんと太田くんが、年代物のドリスト(オイルトラップ)に挑んでくれたおかげで、テンションうなぎ登り。超臭い!!!!ウルトラ!!!
人間は、ウンコ的なものに正面から向き合った時、笑うしか無くなるんですね。
(昨日の私だったら即マーライオンでしたが)


この尊敬の念と感極まったおもしろさ。
吊り橋効果の騒ぎじゃねえゼ。

風下の私は、それに加え、水性ペンキのツーンとした夏の汗的混合臭に、地球の大気の流れの有り難さと、放射能の恐さをイメージした次第でございました。

「やりきった!」と言えるのは、あと一日いるなあ。


今日はほぼ全員、発疹が痒い夜であります。
ダニ?ホコリ?カビ?ネズミの糞?
ええ、ええ、全体的に身に覚えがありますよ。

この不快を共有できる経験、たまんねえっす。かいいかいい。
写真は、みんなマジ引くから載せませんです。優しい優しい。


なんでこんな事やってるかって謎な人、これを踏めよ!踏んだらいいのさ。




ecoto 大掃除2日目。

monné porteやムックの立ち上がるまでいろいろとは、きっと大きく違うんだろうけど、
大変だなあ、っていうのは実感。


あれ、また横になっちゃったけど、直すのめんどくさいから、首かしげて見てみて。
一通りしつこい拭き掃除を終えて、欄間をきれいにする術を会議してまっせ。


だんだん、ちいさく、鼓動が聞こえてきた。
今日は血栓を抜く作業だ。

弥栄サポーター、本当に有り難い。
サンキューな!



始まりは暗闇で、

 


あんな時代もあったねと、的な。



というわけで、氷見のデカ地図を壁いっぱいに作って、みんなでおもしろ要素をどんどん追加していった地図は、


こんなに大きくたくましく。



マップになって皆さんに配布しとりまっせ。(これは、以前レジデンスでお世話になった長野市の清泉女学院大学の女神たちが、氷見に遊びにきてくれて、マップのモニターツアーあってくれた時。かわゆい☆)


で、今月末からヒミングでの展覧会イベントが行われるので、

いつもの作品の終わりの儀式みたいに、撤去しまして。


かつての氷見の道と海オールスターズ。


長い間、ご苦労さまでした!
さあ、次だぜ!!!




ヒミングにはカフェもあるんでっせ。シャレオツなんぜ。

***例えばこんな事件が…***

1、夏になる。

2、シホちゃんが家の畑でとれまくったトマトをジャムにして、
「これでなんかできないかなあ」とヒミングカフェに持ってくる。

3、スズキ、とりあえずそれを混ぜ込んだケーキを焼いてみる。

4、なんかパンチ力たりねえなあ、とシホスズキ考えあぐねる。

5、ドライトマトの食感を思い出し、それを女将につぶやく。

6、「去年試作した氷見温泉郷トマトのドライにしたヤツ、使い勝手がいまいちで真空冷凍してあるけどいる?」と女将がイイコトを思い出す。

7、喜ぶ。

8、試作を繰り返す。

9、バターの気持ちが解ってくる。

10、スズキ、ケーキの完成度に安定感でる。

11、シホちゃんのシナモン入りジャムの変化球が心にヒットする。

12、できた!

13、召し上がったお客さんが女将のトマトを、レーズンかなにかのドライフルーツかと、まんまと騙される。



ケーキも焼く氷見の日常。
スズキは現代美術家です。

ヨダレ垂らしたい方はコチラでムラムラ画像を充填してくだせえ。
ぐへへへへ。


(よーし、そろそろまじめにブログかくぞー。)